人間関係に効くフラワーエッセンス。HSPに合うカクタスエッセンス

フラワーエッセンスの効果

今回は、人間関係に効く!フラワーエッセンスのご紹介です。

人間関係にお悩みの方は、結構多いのですが、代表的なフラワーエッセンスだと、オーストラリアブッシュの「リレーションシップ」がとても有名です。

私は、セッションで

「まわりにすごく振り回される」

というご相談をいただきました。

最初にブッシュのリレーションシップが必要な方かな?と思いましたが、もう少し掘り下げていこうと感じました。

セッションでは一つの現象からさまざまな質問をしていき
心の掘り下げをしていきます。

今回は、

「穏やかに他人と接することができるように」

という目標設定になりました。
話をしていると、ちょっと言われたことをとても気にしてしまうとのこと。

私もかなり気にしぃなので、とても親身になってしまいました^^

で、私もこの人間関係のなかでも「気にしぃ」な感情に向き合っていたころ、HSPという言葉を目にしました。

HSPという資質をはじめて聞いたとき、私は衝撃を受けました。
長年どうして私はこうなんだろう。。。と悩んでいたことがすべて書かれてありました。

私はこれまで、「母親の想う理想の娘」を演じなければならなくその「理想の娘」はHSPとは正反対の人。
その正反対の人を演じなければならないことで、とてもプレッシャーを感じていたのですが、HSPという資質を知る事で、私はすごくラクになっていきました。

私と同じような人がいる。。。なんとなく「孤独感」を感じていたのですが、なんだかスッキリしたことをよく覚えています。

私がフラワーエッセンスを学んでいて出会ったカクタスエッセンス。

カクタスとはサボテンのこと。
サボテンといえば、あのトゲトゲですね。
サボテンのトゲは、過酷な環境の中、
あらゆる外部の影響から自らを守り、
子孫を残していくためにあるものなのです。

そんなサボテンのエッセンスは
使う人の心を保護し、守ってくれます。

「わたしに近寄らないで!」

というランゲージがサボテンにはあります。
それはまるで外の世界に敏感な人たちの心の叫びのようにも思えます。

まとまったら記事にできたらいいな。。と思っているのですが
現代の5人に一人はHSPなんだそうです。

HSPとは

H…Highly
S….Sensitive
P….Person

つまり
「とっても繊細・敏感」な人たちが増えているのです。

繊細とは

電磁波などのようなものとか化学物質などやアレルギーも含めて、です。
他の人の感情に敏感だったり、
エナジーバンパイア(人の邪気)の影響を受けやすかったり、
人との境界線があいまいだったり、
光や音、体調に過度に敏感だったり
物事にすぐ圧倒してしまったり

HSPの現れ方は、実に多種多様。
また、HSPでも

・口に出さない相手の気持ちや本音が何となくわかる
・他人の気持ちに振り回される
・周囲の変化にすぐ気づく

というとエンパス(共感覚)を思い起こす人もいるかもしれません。
エンパシーの著者であるローズ・ローズトゥリーによればエンパシーは以下のタイプに分かれます。

身体合一型⇒相手の身体に起きたことを、自身の身体で起きているように感じる
身体直感型⇒相手の身体で起きたことが直感的にわかる
感情合一型⇒相手の感情を自分のことのように感じる
感情直感型⇒相手の感情が直感的にわかる
知的自己変容型⇒人の考えに合わせて行動してしまう
霊的合一型⇒相手のスピリットとつながり、その人を援助できる

HSPのような状態が引き起こされる、ということは
「過酷な世界に生き延びるための生存本能」として。

それはまるでサボテンのボディランゲージにも似ています。

砂漠のような過酷な環境の中で、
つまり他の生物が生存できないような環境の中でも生きて、花を咲かせることだってできます。
極端な環境を克服した真の生き残りの達人がサボテンです。

サボテンのトゲの鎧の中にある肉には多くの水分が含まれています。
これはとても強い防衛力のあるエネルギーなので
わたしたちを不安から解放してくれ、困難な時期を切り抜けて
花を咲かせる希望や安定を内側から呼び起こしてくれます。
結果、サボテンのエッセンスを使っていくと、心が温かくなり、軽くなり、開かれることが可能となるのです。

あなたの花を咲かせるために、
希望は失わないでいて。
本当は守られて安心安全だという、
信じる気持ちを忘れないでいて。

わたしのセッションにお越しになる方々も
まわりの環境や他の方の感情やオーラなどに非常に敏感な方がとても多いんです。
そのような方にもオススメしたいエッセンスがサボテンのシリーズです。

周りからは理解しがたい小さなことかもしれないけれど、

「どうやってこの世界を生き抜くか」

という「自分を守る気持ち」でいっぱいになることは、
この感覚の経験をもつ人にとっては、すごく切実な問題なんですね。

そんな気持ちで疲れ果ててしまったとき、
自分を守ることだけで精一杯と感じてしまったり、
世間の生きづらさを感じた時にも、
サボテンのエッセンスが、そっとやさしくサポートしてくれるでしょう。

カクタスエッセンスのシリーズは、多くが第三チャクラに対応したものになっています。
それ以外のもあるのですが、
プロテクションのテーマはみぞおちのチャクラのテーマでもありますからね。。。

「変わるのが怖い」という人がいます。
また、変わりたいと口ではお話しても、潜在意識では変化に対する恐怖があるケースがあります。
幸せになりたいと顕在意識では望んでいても、
潜在意識では幸せになる資格がないと思っていたり、罪悪感を感じていたりして
幸せになるのが怖くなるケースも多いのです。

そんなとき、わたしはセッションにおいて、
半ば強引に変わらせてやろう!とか、そういうことはしません。

「じゃあ、いつなら変われますか?
それじゃ一生そのままですよ!」

とハッパをかけてほしい方にはわたしのセッションは向きません。

わたしのセッションでは、
「変わりたい!」という気持ちになれるための
心の基礎体力をセッションで、その方のペースにあわせて作っていけたらと思います。
(必要であればダウジングで変容を後押しするエッセンスが選ばれることはあるかもしれませんが。。)
その方のペースをみて、というのは、顕在意識でなく、潜在意識を、ダウジングや筋反射で身体にきいたりしてみていかます。

結果、ご自分で様々な気づきを経て、
本当はどんな傷があるのか、痛みがあるのかを認識することで
新たなステージへとすすんでいけます。
エッセンスは、そんな気づきを促し、癒しのサポートをしてくれるのです。

どんなふうな歩みをすれば、より生まれてきた目的を果たし、幸せになれるか、
その方の潜在意識にある標識のようなものをダウジングでキャッチし、
どんなエッセンスやヒーリングをすれば、スムーズにその道を歩んでいけるか、
そんな道先案内人、というスタンスでいます。
その人のお花をどうすればキレイに咲かせられるかを一緒に考える旅路にお誘いします。
旅の途中、休憩したくなればすればいいのです。
そんなときはパーキングのような標識があるかもしれませんね。

HSPが増えている今、セラピーやヒーリングを受けたのに、
かえって傷を深くしてしまう人も増えていて、私自身もそうでした。

最終的に誰もが自らを癒すことができるようになるのがわたしの目標です。
そして皆さんの心の基礎体力や心の治癒力を高めていけるためのサポートをしていけたらと思っています。

最後にわたし自身がよく使うカクタスエッセンスをご紹介いたしますね。

インナークレンジングカクタス

これは心に受け取ったあらゆる印象が、無理なく自分の中で処理され消化されるように助けてくれるエッセンスです。
内的なプロセスの浄化促進のために使います。

ゴールデンバレルカクタス

これはいろいろな影響力や、心の邪魔をする要因にさらされた時に
自分の中心に再び連れ戻してくれるよう助けてくれるエッセンスです。

⇒人間関係がよくなる!方法をこっそり知るには?

 

 

 

 

コメント